Wi-FiのルーターAとG どっちに接続すればいいの?

wifiルーター(無線ルーター)につなげる時、電波の名前(SSID)に「a」とか「g」と表示されるものがあって、どっちにつないだらいいのと思われていませんか?

電波の名前(SSID)の例
auひかり、NEC製:aterm-〇〇-g、aterm-〇〇-a
バッファロー製:Buffalo-G-〇〇、Buffalo-A-〇〇
など

Gは2.4GHZ帯  Aは5GHZ帯になります

Wi-Fiの「a」や「g」と表示される電波には、得意分野と苦手な分野があり、用途にあった電波を選ぶことが大切です。

Gは遠くまで電波が届くのが強み

11n/11g/11bという通信規格
「g」の電波は2.4GHz(ギガヘルツ)という周波数を使用していて、障害物に強い特徴を持っています。

無線機より遠い場所で利用することが多い人はこちらを選ぶと良いと思います。
この2.4GHzは電子レンジやBluetoothにも使われているので、それらと干渉するリスクがあって、干渉すると通信が途切れたり、接続が不安定になってしまいます。

 

Aは安定した通信が強み

11ac/11n/11aなどの通信規格

『a』の電波は5GHz(ギガヘルツ)という周波数を使用していますが、同じ周波数を使っている機器が少ないので干渉のリスクは低いです。

でも障害物に弱いので、無線親機から離れた場所でつなぐ予定の方にはあまりおすすめできません。

早さを求める場合、古い端末であればG
電波が弱いとき複数同時に使うときはA

という感じでいいと思います。

最新情報をお届けします

 
 

スマホサポート らくらくスマホ相談室

 

大阪市中央区島町1-2-2-301

050-5362-0989
10時から19時まで 木曜定休