格安スマホって何ですか?

よく問い合わせがあるのでまとめてみました。

格安スマホって言葉はよく聞くけど、そもそも普通のスマホと何が違うの?

格安スマホとは、その名の通り安く使えるスマホのこと。大手携帯電話会社のスマホと比べて、安価で利用できることが特徴でございます。

大手携帯キャリアと違ってプランの選択肢も多く、自分にとって最適なプラン を選べます。格安SIMと端末の組み合わせも様々。

宣伝でよくあるのが

6,500円~7,000円の支払いを1480円や1980円で使えるという話。
ただし1GBや2GBの場合が多いのでよく確認してください。

 

どうして格安スマホは安くできるの?

 

格安SIMを取り扱う会社は、ドコモなど通信事業者のネットワークを借りて営業しています。

このことを英語でいうと「Mobile Virtual Network Operator」日本語では「仮想移動体通信事業者」と呼び略称としてMVNOと呼びます。 格安SIMを総称してMVNOというときもあります。 回線を貸してる自社で通信を運営してる会社をMNOと呼びます。

自らの手で電波のアンテナを増やしていったり、全国にショップを置いたり、莫大な広告費をかけているわけではないので、その分通信料金を安くしているということになります。

多くのMVNOはドコモのネットワークを使用していますから、対応エリアは基本的にほぼ同じです。

しかしあくまでもアンテナを間借りしてるので、ある程度のキャパ数を超えると遅延してくるようになります。私は楽天モバイルとLINEモバイルを使っていましたが、大阪市内では昼休みと19時以降は繋がらなくなることが多かったです。( 御堂筋線乗車時は厳しい)

 

格安スマホはどうやって使えばいいの?

格安スマホは「格安スマホ」と銘打って売られているわけではありません。利用を始める際には、格安SIMとそれを使える端末を用意する必要があります。

 

そもそもスマホは本体端末とSIMカードの組み合わせで動きます。

ドコモのスマホはドコモ製のスマホとドコモのSIMカードを使っています。
格安スマホはSIMフリーの端末とその会社のSIMカードの組み合わせで出来てます。

SIMカードとは電話番号や契約の情報が入ったICカード。

スマホはSIMカードを交換することで通信会社を変えることができます。
対応機種であればSIMカードを差し替えるだけで、今使っているスマホがそのまま格安スマホとして使えます。

格安スマホで使える端末は?

多くのMVNO(格安スマホ)はドコモのネットワークを使用しているため、ドコモの端末であれば格安SIMを挿して、格安スマホとして使える可能性が高くなってます。

自分のスマホで格安スマホが使えるかどうかは、MVNOのWebページで動作確認された端末が掲載されているのでご確認ください。

 

手持ちの端末が対応していない場合はどうすればいいのですか?

どこの電話会社でも使えるSIMフリー端末の購入がおススメです。
最近は家電量販店でも販売されていますし、オンラインショップでも販売してます。

SIMフリー端末は格安SIMが使えるだけでなく、海外で現地の電話会社のSIMが使えることもメリットです。日本の携帯会社のSIMでももちろん通信はできますが、それよりも安く利用できます。

今使ってる番号でも格安スマホに乗り換えできるの?

音声通話付きのプランでしたら、電話番号を変えずに乗り換えられるMNPが利用できます。ただし2年契約などの縛りや違約金があるので携帯会社のWEBページか電話で契約内容をご確認ください。

詳しくはこちら

格安スマホアドバイスコース

 

最新情報をお届けします

 
 

スマホサポート らくらくスマホ相談室

 

大阪市中央区島町1-2-2-301

050-5362-0989
10時から19時まで 木曜定休