中学生の学校スマホ持参、条件付きで容認へ 登下校時の連絡手段として

昨年くらいから話題になってましたが、正式にきまったようですね。

中学生の学校スマホ持参、条件付きで容認へ 登下校時の連絡手段として
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2007/14/news092.html

 文部科学省は7月13日、中学生が学校に携帯電話を持ち込むことを、条件付きで許可する方針を決めた。携帯電話の普及率が上がっていることや、登下校時の連絡手段として使いたいと保護者からの要望があることを踏まえて決定した。7月中に全国の教育委員会に通知する。

同省は13日の「学校における携帯電話の取扱い等に関する有識者会議」で「審議のまとめ案」を作成。これまで中学校では携帯電話の持ち込みを原則禁止としていた。今回の議論で、学校や教育委員会が携帯電話の持ち込みで発生すると考えられる課題について適切に検討し、必要な措置が整備できれば持ち込みを認める。

条件付きで持ち込みが認められるのは、連絡が主な機能であるフィーチャーフォン、スマートフォン、子供向け携帯。携帯ゲーム機や音楽プレーヤー、タブレット端末などは連絡が主目的のデバイスではないため、学校が配布する学習用端末をのぞいて持ち込みを原則認めない。

持ち込みを認める条件は「保護者が緊急連絡手段として携帯電話の持ち込みを求める場合」「学校での携帯電話の管理方法や、紛失などのトラブル発生時の責任の所在を明確化している」「保護者がフィルタリングを適切に設定している」「携帯の正しい使い方や危険性について学校や家庭で適切に指導している」など。

有識者会議資料

7月末に文科省が全国に通達したので確定しました。

2017年度の調査で中学生の携帯所有率は67% 小学生が55% 高校生が97%とのこと
私携帯初めて所有したのが社会人になってからなんですが、時代が違いすぎてるから仕方ないですね。

基本ルールの条件は

①生徒が自らを律することができるようなルールを学校、生徒、保護者で協力して作る
②学校での管理方法や紛失時などの責任の所在を明確化する
③フィルタリング(閲覧制限)を保護者の責任で設定する
④学校や家庭が携帯電話の危険性や正しい使い方を指導する

 

自らを律する制度がどうなりますか。
注目したいと思います。

 

最新情報をお届けします

 
 

スマホサポート らくらくスマホ相談室

 

大阪市中央区島町1-2-2-301

050-5362-0989
10時から19時まで 木曜定休