13歳以下の子ども用にApple IDを作成する方法

13歳以下の子供はAppleIDが作れないんですが、親が子供用としてつくるのが可能なことご存知でしょうか?

古いiPhoneを子ども専用機として与えることもありますが、親のApple IDを設定してしまうといろいろなデータが混ざってややこしくなったり未成年のアプリも使えるのでかなり不便。こういうときに子ども用のApple IDを作って設定すれば、親と子のデータを別々にしておけますし、スクリーンタイムで子どもの行動をコントロールすることも容易になります。

ファミリー共有を使えば年齢に関係なくAppleIDが作成できます。

13歳以下の子ども用にApple IDを作成

1. 「設定」アプリをタップして

2. 一番上のAppleID(名前)をクリック

 

3. 「ファミリー共有」をタップ。

4. 「ファミリーメンバーを追加」をタップ。

5. 「お子様用アカウントを追加」をタップ。

6. 「次へ」をタップ。

7. 子どもの生年月日を選択して「次へ」をタップ。

8.[保護者プライバシー同意書]を確認し、[同意する]をタップします。

9.  親のApple IDで登録しているクレジットカードのセキュリティコード(裏面などにある3桁の数字)を入力し、[次へ]をタップします。

10. 届いたメッセージ(SMS)に記載された4桁の認証コードを入力。

認証コードは「メッセージ」アプリに届きます。

11. 子どもの名前、Apple ID、パスワードを入力する

12. 子どものApple IDとなるメールアドレスを作成します。「@icloud.com」より前の部分を入力し、[次へ]をタップしましょう。さらに、次の画面でパスワードを入力して[次へ]をタップしします。

13. 秘密の質問とその答えを3回入力して「次へ」をタップ。

14. 「承認と購入のリクエスト」がオン(緑)になっていることを確認して「次へ」をタップ。

15. 「同意」をタップ。

ヒント:いくつかの利用規約に同意します。
「ファミリーに追加されました。」の通知が表示されれば完了です。

子どものApple IDが作成され、ファミリー共有の中に表示されました。

子供用のAppleIDでログインしアプリを購入しようとすると親の承認が常に必要になります。

「承認と購入のリクエスト」をオフにすると…
やり方の「12」で「承認と購入のリクエスト」をオフのままApple IDを作成した場合、子どもは自由にアイテムを購入でき、その代金は事前に通知されることなく親の決済手段に請求されることになります。

特別な理由がない限りオフにすべきではありません。

質問やお問い合わせがある方はお気軽にこちらまで

06-7710-3310
10時から19時まで 水曜定休

なんでも自由に相談できる
あなたによりそう 大阪堺筋本町のオーダーメイド型スマホサポート らくらくスマホ相談室

LINE公式アカウントからも問い合わせ可能

 

最新情報をお届けします

 
 

スマホサポート らくらくスマホ相談室

 

大阪市中央区島町1-2-2-301

050-5362-0989
10時から19時まで 木曜定休