アップルiPhone、自分で修理が可能に まずは米国で部品販売

まあ日本に上陸することはないでしょうけど、 iPhone13非公式修理で使えなくなると言われたFace IDのことを考えると朗報でしょうね。

アップルの新プログラムでは、ユーザーが同社の公式サイトに掲載された修理マニュアルに従って、壊れた端末を自分で修理できるようにする。

販売はまず、ディスプレー、バッテリー、カメラモジュールなど、交換が必要になりがちな部品からスタートする。当初は200種類以上の部品とツールを販売し、同年中に数を増やしていく計画。まずは「iPhone12」「iPhone13」のみを対象とし、続いてアップル独自の半導体「M1」を搭載したMacにも対象を広げる。

部品の値段は同プログラムが正式にスタートした時点で公表する。アップルは、非直営の修理業者向けに現在販売しているのと同じ値段で個人にも販売すると説明している。
セルフサービスリペアはまず米国のみで展開する予定だが、2022年までに米国以外の国にも拡大する方針。

アメリカの法律で自分で修理する権利というのがあるそうで、その法律対策でアップルが動いたようです。

この動きが加速すると日本のホームセンターで修理教室とかも始まるかもしれませんね。

とにかく今手元にあるデータから未来を先読みするマーケティングが好きな人です。
相談事があればお気軽にお問い合わせください。

WEB集客やデジタル系 ビジネス販促までいろいろ相談できる なんでもスマホ相談室お問い合わせはこちら

公式LINEアカウント
@696ggfmb

ラインでの事前相談や問い合わせは無料です。
ショートメッセージやメッセージプラスのやり取りもできますので、ぜひご登録ください。

080-1515-0654
留守電にメッセージ入れていただければこちらから携帯で折り返し連絡します。

    お問い合わせ内容
    ご質問ご相談講義予約教室見学会イベント申し込みその他

    お名前

    ふりがな

    メールアドレス

    電話番号

    お使いの機種
    アンドロイドiPhoneタブレットiPadその他不明

    コメント欄内容(必須)

    確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますがよろしいですか?(必須)
    はい

    最新情報をお届けします


     
     

    スマホサポート なんでもスマホ相談室

     

     

    連絡先
     080-1515-0654

    10時から19時まで 不定休

     

    電話に出ない場合はプラスメッセージ(SNS)でメールください。